ハワイ旅行2020~5泊7日家族旅行プラン~

旅行

現在、新型コロナウイルス感染症により、ハワイにも影響が出ています。

渡航の際は、現地情報を確認し行動しましょう。

ハワイ州観光局のサイトはこちら

ハワイ旅行へ行ってきました!

南国の楽園、ハワイ。

私たちもそんなハワイに魅了されて、多い時は年に2回ハワイを訪れたことがあります。

今年も、そんなハワイへ行ってきました!

今年は義理の母・兄とともに家族で訪れることになりました。

これまでは夫婦二人でハワイへ行っていたので、

4人旅行となると、プランを立てる時からいろいろと悩むことが多くありました。

家族旅行のプランを立てるのは大変なんだな~っと、しみじみ。

どんなことが起きたか、これからお話していきたいと思います。

家族旅行のプランを立てる際に、参考にしてみてください。

ホテルや航空券、どんな手段で手配するべきか

旅行の計画を立てるとき、みなさんはどんなことを優先するでしょうか?

私は、予算に対して、自分たちの求める質のプランになっているか

というところを大切にしているように思います。

安すぎてもチープで不便なホテルに満足いかないでしょうし、

高すぎても現地で使える資金が足りなくなってしまったり、と

バランスを保つのが必要ですよね。

手配する際に、

  1. ホテルと航空券を個別に手配する
  2. 旅行会社のツアーを申し込む

このような手段で悩まれることが多いのではないでしょうか?

私個人的な考えとしましては、

2がおすすめです!

1か2どちらの方法で手配するかは、時期によって航空券の料金が違ったり、

国によっても個別で手配したほうが安く手に入る場合があるようなので、

2がおすすめではありますが、調べて安いほうの手段で手配するようにしています。

今回の旅行では、ホテルと航空券がセットになった旅行サイトのツアーが安かったので

そちらで手配することになりました。

4人家族の旅行プランで困ったこと

ハワイ旅行のツアーでは、3泊5日のプランが多くありますが、

あまりおすすめしません!

なぜならば、日本とハワイの時差が19時間あるため、

時差ボケに注意すべきだと考えるからです。

時差ボケのため1日目は全く行動できないという方も多いです。

(私はアドレナリンがでて結構行動できるタイプなのですが 笑)

最低でも、4泊6日にするのがいいと思います。

今回は7日間のプランを探していたのですが、6日間のプランの取り扱いのほうが多いこともあり、

なかなか良いのが見つからず。。。

今回の旅行で一番困ったのが、【ベッドの数】です。

一部屋を4人で予約してエキストラベッドで、ということになると、最大3人の部屋が多いんです。

お子様と一緒に同じベッドで寝る、というファミリーの方でしたら良いですが、

二世帯の家族が同じ部屋で眠るというのは、なかなか難しいようです。

日本の旅館のような感覚で、つい同じように考えてしまいました。

 

ということで、二部屋を予約することになりました。

そして、次に気を付けたいこと。

それは、ツインルーム指定について。

ダブルベッドの部屋が多く、ツインルーム指定ができるプランが限られていたのです。

こうなってくると、本当にツアーの選択肢は少ない!

プランを選ぶ際に気を付けて見ておきたいこと。

【ベッドの数が確定されているかどうか】ということです。

少し値が上がりますが、同じベッドでいいのか、別々のベッドを手配するのかを考え、

ツアー内容をよく見て検討しましょう。

そして、二部屋予約する場合は、旅行会社によって二件別々で予約する必要がでてきますので、

少しひと手間ですが、確認しながら進めていきましょう!

ハワイではトロリーの利用がおすすめ!

家族で旅行する際、現地で困るのが移動手段ではないでしょうか。

特にお子様と一緒だと、異国の国で面倒を見ながら観光するのは一苦労ですよね。

そんなお子様連れや年配の方がいるご家族におすすめなのが、トロリーです!

旅行会社でツアーを申し込むと特典として、トロリーバス乗車券が付いてきます。

付いていないプランでもオプションで付けることが出来ます。

ワイキキエリアのメインストリート、カラカウア通りは2,5キロあります。

歩くと約30分。

とくに、どちらか端よりのホテルを予約してしまうと移動が大変になります。

トロリーバス乗車券があると、ビーチやアラモアナセンター、ダイヤモンドヘッドまで。

目的地付近まで手軽に移動することが出来るのです。

旅行会社によって利用できるバスの種類が違いますが、

HiBus、LeaLeaトロリー、レインボートロリーなどがあります。

他にも、JCBカードを持っている方が無料で乗車できるトロリーがあります。

こちらはピンクラインと呼ばれるルートしか走っていないため、

他のトロリーと併用しながら利用すると便利かもしれません。

トロリー以外の移動手段は?

もし、トロリーがない場合でも移動手段は他にもあります。

  1. 公共バス「The Bus」を利用する
  2. レンタサイクルを利用する
  3. オプショナルツアーを予約する
  4. レンタカーを利用する

こちらの手段にはそれぞれメリットデメリット等あるので、

次の記事で詳しくお話しできればと思います。

空港からホテルまでの送迎について

空港からホテルまでの送迎についても、ツアーを申し込む際にチェックしておきましょう

送迎については、ツアーで送迎付きプランを予約する方法と、

送迎のみのオプションを予約する方法とがあります。

空港からタクシーという手もありますが、4人家族分の荷物がある場合は、大きなタクシーを手配する必要があるのでオススメしません。

そして、注意したいのが公共バスの利用です。

他にはTheBusという公共バスがあるのですが、こちらは大きな荷物を持ち込むことが

禁止されているため、乗車は難しいと考えたほうが良いでしょう。

万が一、ツアーとは別に手配する場合は、旅行会社のオプション利用のほか、

乗り合いバスを予約できるサイトがいくつかありますので、そちらを利用してみてください。

私がよく利用するのはこちらのVELTRAというサイト。

いろいろなものを探しましたが、こちらはリーズナブルだし安心!ご参考まで!

費用はいくらくらい?

ハワイのベストシーズンは4月から10月にかけてです。

11月から3月は雨期に当たりますが、地域によって降雨量は異なるでしょう。

私たちがハワイへ行ったのは2月末頃でしたが、一度スコールになった時間もありましたが、

雨の日は一日もなく、太陽に恵まれました。

オフシーズンの良いところは、やはりコスパです。

今回私たちは、5泊7日二部屋で約60万円でした。

送迎&トロリー付き、ベッド4台、オーシャンビューのプランなので、高いほうかなと思います。

同じ条件でも、旅行サイトによって違いますし、航空会社を指定したりするとより高くなります。

自身の予算に合わせて何を削除するか、追加していくかを、考えながら計画してみてくださいね!



コメント

タイトルとURLをコピーしました