精進湖「CAMP AKAIKE」あかいけキャンプ場!

アウトドア

こちらは昨年の夏に訪れた際の記事を書いております。

現在コロナウイルス感染症拡大のため、短縮営業しているキャンプ場もあるようです。

事前に調べてからお出かけすることをおすすめします。

精進湖も近い!「CAMP AKAIKE」

「CAMP AKAIKE」は、山梨県富士河口湖町にあります。

富士五湖の精進湖にほど近いキャンプ場なので、アクティビティを楽しむのにも最適な立地です。

東京からは、2時間以内でアクセス可能。

急な休みでも計画を立てやすいのが、富士五湖周辺のいいところですよね!

富士五湖周辺には、たくさんのキャンプ場があります。

今回ご紹介するのは、大室山と富士山を望むことが出来る「精進湖」のキャンプ場です。

アクセスは?

こちらのCAMP AKAIKEへ行かれる際は、入り口を見逃さないよう注意が必要です。

東京方面からですと、河口湖ICを降りて138号線を通っていきます。

精進湖手前まで来たら、よく左前方を見ていてください。

この看板が目印です!

139号線から、こちらへ左折します。

坂を下るとキャンプ場に到着です!

リーズナブルな料金設定!

こちらが受付です。

この建物の奥は、体育館になっていて子供たちが遊んでいました。

ファミリーにもおすすめですね。

さて、あかいけキャンプ場の魅力をお話していきます。

その魅力はというと、やはり施設利用料です!

施設利用料が、大人800円!

お子様は学年に応じて料金システムがあり、

中学生600円、4歳~小学生500円。

ワンちゃんは200円です。

なんて幅広い料金設定!

そして、フリーサイト1000円、オートサイト1500~4000円。

他にバンガローやバイクサイトなどもあります。

サイトの大きさや過ごし方によって選択可能です。

では、サイトのご紹介をしていきたいと思います!

サイトの広さや日当たりをチェック!

受付の脇にあるのが、フリーサイトです。

空が広く、奥には幻の湖といわれる「赤池」があります。

こちらは芝生になっていて、車の乗り入れは不可。

受付前の駐車場を利用します。

施設には、貸し出し用の台車もあるので、こちらを使用してもよいかと思います。

マップAからフリーサイトを望む

 

写真左側が、体育館です。

そして、お次はバイクサイトを抜けたところ。

マップB

このあたりのオートサイトは、林間のため夏は涼しく過ごせそうです。

曇っていると太陽の日が当たらず、少し暗いですね。

一方通行の道を奥まで進むと、

先ほどのところより開けたCサイトです。

マップC

マップCから後方を望む

このあたりから石が多く硬めのフィールドになっています。

そして、私たちが利用したのは、Cサイトより広いDサイトです。

マップ赤丸のところです

D11サイト。

木が手前の真ん中にありますが、車を止めてもこれほど広い!

テントとタープが余裕で張れます。

ファミリーキャンプにはもってこいですね。

こちらが近くのトイレ。

この、D11サイトはこのトイレが近いのでおすすめ。

そして、あかいけキャンプ場はシャワールームが無料で使用できるんです。

このトイレの向こう側がシャワールームになっています。

ファミリーで利用する際は、少しでも近くにあったほうが子供たちの面倒をみるのも楽ですよね。

トイレやシャワー利用時の扉の音が気になる方は、もう少し離れてもいいかも。

マップには載っていないですが、炊事場や水道があります。

アクティビティもあります!

「CAMP AKAIKE」いかがでしたか?

サイトの種類がいくつかあるので、自分たちに合ったサイトを選んでみてください。

隣り合わせでサイトを申し込んで、グループキャンプをしている人もいました。

バイクサイトがありますが、すぐ隣もオートサイトになっているので、

静かにゆっくりしたい方は、日取りなどを気にして予約するといいかもしれません。

そして、あかいけキャンプ場ではカヌーが利用できます。

今回訪れた際は、雨が降りそうだったので申し込みをしなかったのですが、

私たちが行ったときは、受付で予約することができました。

ご興味ある方は、問い合わせてみてください。リーズナブルな料金設定で利用しやすいですよ。

立ち寄りたいスーパーは?

近くに「道の駅なるさわ」があります。

こちらは食材はそれほど多くないので、スーパーへ行くなら、富士吉田近辺で!

「フォレストモール富士河口湖」には、マックスバリューがあります。

キャンプ用品買い忘れた方は、河口湖ICから逆方面になりますが、ドンキホーテがあるのでそちらへ行きましょう。

キャンプ場から近いのは、精進湖にあるデイリーヤマザキ。

もう少し富士吉田方面に戻れば、道の駅を通り過ぎたあたりにセブンイレブンがあります。

買い忘れのないよう出かけましょうね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました