おすすめしたいキャンプ用品「トランギアケトル」軽量・丈夫・直火OK!

アウトドア


キャンプにケトルが便利!

キャンプで、湯を沸かすことが出来ればたくさんのことができます。

カップラーメンを作ったり、

コーヒーを淹れたり、

冬になれば湯たんぽにも活用できます。

湯を沸かす際は、鍋などではなく、限られた熱電を最大限に活かすために、

熱伝導率が高いケトルを選ぶのが、賢い方法です!

なかでも、軽量・丈夫・直火OKのトランギアケトルをご紹介します!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Trangia Japan(@trangiajp)がシェアした投稿

トランギアとは?

まずは、トランギアについて。

アウトドア好きの間では、とても名の知られているメーカーで、

中でもメスティンやアルコールバーナーが多くのキャンパーに愛されています。

トランギアは、アウトドア先進国スウェーデンで1925年創設。

歴史あるブランドだからこそ、安心して利用できるでしょう。

Trangiaの名称はTrångsvikenという村の名前を語源としています。Trångsvikenの「a」の上の〇マークを取り除き、アルミ製品であることの「in aluminium」から「ia」を追加して「Trangia」とすることをJohnは決めたのです。それからの数十年の間、トランギアの名前は、スウェーデンはもちろん世界中のアウトド ア市場で、最も有名なブランドのうちの1つとして認識され続けています。

出典:trangia公式HP

トランギア社は、創設時からアルミ製品に力をいれてきました。

アルミは軽量で持ち運びがしやすいうえ、強靭。

熱伝導率も高いため、キャンプに最適です。



trangiaトランギアケトルの特徴

キャンプ用ケトルって言っても、

色々な形があったり、容量だったり、素材だったり、

私もいくつかのサイトを参考にしながら、ケトル探しに奮闘しました。

トランギアにたどり着いたのは、メリットがたくさんあったからです!

とにかく軽量!

さすがアルミ製!と叫びたいほど、軽量なんです。

0.6リットルサイズで重量140グラム!

0.8リットルサイズで重量190グラム!

キャンプだけでなく、山登りにも持っていける軽さだと思います。

熱伝導率が高い!

アルミのメリットは軽さだけでなく、熱伝導率が高いことでも知られています。

火にかけてすぐ沸騰するので、熱源を抑え、燃料消費にもつながります。

使うほどに味が出る!

直火OKのため、焚火にガシガシ突っ込んでも大丈夫。

使うたびに味が出るため、愛着がどんどんわいてきますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNGVILDMARK(@ungvildmark)がシェアした投稿

デザインがシンプル!

トランギアケトルは、デザインがとてもシンプル。

とはいえ、注ぎ口もシンプルな造りのようでいて、少し先立っていて注ぎやすいんです。

この飽きないシンプルさに、とても愛着がわくんですよね。

収納しやすい!

注ぎ口の長いケトルより、この短さが収納のしやすさにもつながるんです。

そして、もちろん取手も折りたたみ可能

使用する際は取手が安定するため、邪魔になりません。

倒れていると火に直接当たったりして、熱くなるため、

このロック機能はとてもありがたいですね。

サイズが2種類から選べる!

トランギアケトルはサイズが2種類あり、

0.6リットル0.9リットルから選ぶことが出来ます。

0.6リットルはソロキャンプに。

0.9リットルは2~3人の方にオススメです。

私たちは夫婦キャンプで0.9リットルのほうを使用しています。

カップヌードルが300mlの湯を使用するとして、3人分は作れますね。

軽量のトランギアケトルを持ち出そう!

今回は、トランギア社のケトルをご紹介しました。

購入時に取手についているシリコンは、手袋なしでも取り扱えるのでとても便利。

使用し続けるうちに、シリコンが痛んで使えなくなるという話もありますので、

工夫しながらケトルを育てていってください。

きっと素敵なキャンプの相棒になるはずです 😛


トランギア(trangia)ケトル0.9リットル



コメント

タイトルとURLをコピーしました